東京グルメ フレンチ

神楽坂のニューフレンチ【アロム(AROMES)】で美味しいランチ♪

2018/06/16

神楽坂にオープンした話題のフレンチレストラン、アロム(AROMES)に行ってきました。

何が話題かというと、かつて一世を風靡したフレンチレストラン「オー・グー・ドゥ・ジュール」グループを率いた伝説のサービスマンの岡部さんが支配人なんです。

フレンチ好きなら、岡部さんの名前は知っている人も多いかと思います。

神楽坂アロム

最近、「神楽坂に出来たフレンチにいらっしゃる」と噂を聞いた友達からのお誘いでランチに行ってきました。

最寄り駅は、大江戸線の牛込神楽坂です。

アロムは落ち着いた大人のフレンチレストラン

店内は落ち着いた雰囲気。

ゆったりした空間で大人のフレンチですね。

神楽坂アロム

ワインのインポーター「ヴィノラム」が運営しているそうで、ワインセラーも立派です。

神楽坂アロム

まずは、泡で乾杯。

神楽坂アロム

ランチは5,000円と7,000円の2コースあります。

初めて来たので、今回は5,000円の方にしてみました。

アミューズは2皿です。

1皿目は、3種のマッシュルーム。

フレッシュ、チュイル、クリームの3種です。

神楽坂アロム

2皿目は、ベーコンとコンテのクレームブリュレ。

神楽坂アロム

ワインはグラスで色々いただきました。

神楽坂アロム

白はグリューナフェルトリナーから。

暑い季節、お昼に飲むにはピッタリです。

神楽坂アロム

前菜1皿目は、懐かしい!野菜のテリーヌ。

オー・グー・ドゥ・ジュールのスペシャリテです♪

13種の野菜を使っていて、鮮やかで見目麗しい一皿です。

神楽坂アロム

続いてのワインは、アルフォンス・メロのサンセール。

神楽坂アロム

前菜2皿目は、温かい前菜。

鶏と牛のダブルコンソメのスープと赤座海老とお野菜です。

スープは後から注いでくれます。

神楽坂アロム

素材は季節ごとに変えていくそうです。

神楽坂アロム

コート・デュ・ローヌの白。レイモン ユッセリオ。

神楽坂アロム

メインは魚か肉から選べるので、お魚にしました。

徳島産平目のポワレ。ソースはロックフォールです。

アオリイカや蕪、山菜と一緒にいたただきます。

神楽坂アロム

赤は、パロミロのムルソー。

神楽坂アロム

チーズもいただきました。

リバロ、ヴァラセンセ、トムドナポレオン。

神楽坂アロム

デセールはパンナコッタ。

神楽坂アロム

〆は、プチフール&コーヒー。

神楽坂アロム

伝説のサービスマンと言われた岡部さんのホスピタリティは健在です。

若きシェフ永瀬さんのお料理も美味しかったです。

神楽坂アロム

これからますます楽しみなレストランです。

また、お邪魔しようと思います。

■Restaurant AROMES(レストラン アロム)

住所:東京都新宿区袋町3番地 神楽坂センタービル1階

電話:03-6228-1449

営業時間:ランチ11:30~15:00(L.O.13:00) ディナー17:30~22:00 ワインバー22:00~26:00

定休日:無休

アクセス:都営大江戸線 牛込神楽坂駅A3出口/東京メトロ東西線 神楽坂駅1番出口/東京メトロ有楽町線・南北線 飯田橋駅 B3出口/JR飯田橋駅 西口

スポンサーリンク

-東京グルメ, フレンチ