ライフスタイル

【今年こそ痩せたい!その1】Tarzan(ターザン)「内蔵脂肪の減らし方特集」まとめ

2018/01/27

「美味しいものは食べたいけど、食欲に任せているとあっという間に太っちゃう…」

今年こそダイエットを成功する!と毎年決意しているものの、結局挫折するパターン(笑)。

達成できないまま、ズルズル来てしまっています。

 

ですが、実のところ昨年激太りしてしまい、洋服はどんどん入らなくなるし、体調も悪くなっています。

いよいよ追い込まれて来たので、今年こそ頑張らねば!

そんな決意をした矢先に、本屋さんで見つけたTarzan(ターザン)の「脂肪の減らし方特集」。

これは読まなくちゃです!

ターザン

 

 

Tarzan(ターザン)「脂肪の減らし方特集」まとめ

ダイエットのモチベーションアップに役立ちそうな内容が、ターザンで特集されていました。

「脂肪の減らし方」ってタイトルが目を引きますよね。

さらに「頑張らなくても大丈夫!まだ体脂肪はすぐ落ちる」ってサブタイトルも魅力です。

その中で「ポッコリお腹」対策が出ていたので、まとめてみました。

 

「ポッコリお腹」の定義とは?

「ポッコリお腹」の目安は、BMI25%以上、体脂肪率23%以上です。

特に40代に入ると内臓脂肪も増えて、いわゆる浮袋のお腹が悩みの人も多いですよね。

さらに、成人病のリスクも大なのです。

 

ダイエットの大敵!脂肪を溜める5大習慣とは?

わかっているけど、なかなか実行できないのがダイエット。

「ポッコリお腹」の原因は以下の5つの原因です。

①ルール無用の野放図な食生活

②過度のアルコール摂取

③睡眠不足

④運動不足

⑤ストレス

ボッコリお腹のが気になる人には、当てはまる項目が多いですよね(笑)。

 

「ポッコリお腹」を改善する対策とは?

ポッコリお腹を解消のポイントは、「過剰な食事量の見直し」「日常の活動量の底上げ」「何気ない生活習慣をリセットする」の3つです。

この3つのポイントを踏まえて、ターザンの特集では以下の3つの対策を提案しています。

◆我慢せず食べてマイナス2000カロリー

◆運動はプラス1000歩のみ

◆生活習慣を見直す

 

それぞれの具体的な対策は以下です。

 

対策1:我慢せず食べてマイナス2000カロリー

食事の選択を正しくすれば、ガマンせずにカロリーを減らすことが出来ます。

・丼物→定食

・揚げもの→焼き物

・焼き鳥のたれ→塩

・W炭水化物(ラーメン+チャーハンとか)→単品

・ひき肉(ハンバーグ)→塊肉(ステーキ)

・ジュース→炭酸水

・トッピングNG

・22時以降食べない

・間食しない(食べごたえのある昆布、スルメ、ビーフジャーキーはOK)

 

対策2:運動はプラス1000歩のみ(日常生活での活動量の底上げ)

たとえば以下のようなことを心がけるだけで、活動量がアップしてくれます。

・電車で立つ

・エスカレーターでなく階段を使う

・バス停は1つ先で乗る

・いつものお店より遠いお店に行く(コンビニ、ランチ)

・本屋に行く(ポチらない)

・時間がある時は調理する

・買いだめしない(毎日スーパーに行く)

・ネットバンクを使わずATMで手続きする

 

ちょっとしたことで活動量を増やして、コツコツ消費カロリーを増やす努力が大切ってことですね。

 

対策3:生活習慣を見直す

食事に気をつけて、ストレスを溜めず、睡眠をしっかり取ることが重要です!

・余裕をもって起床する

・温かい飲みものを飲む(お茶、ブラックコーヒーなど0カロリー)

・食事はよく噛む

・間食はしない(する場合はローカロリーで噛みごたえのあるものにする)

・飲み会は洋食は避けて和系にする

・飲み会のおつまみは焼き鳥なら塩、豆腐、野菜中心にして22時までに切り上げる

・0時までに就寝する

 

以上、Tarzan(ターザン)の脂肪の減らし方特集の「ポッコリお腹対策」についてまとめてみました。

この他にも「隠れ下っ腹」「フラット腹」など、色々なタイプの人向けの対策も書かれています。

 

Tarzan (ターザン) 2018年1月25日号 No.733 [内臓脂肪の減らし方]【電子書籍】[ Tarzan編集部 ]

価格:480円
(2018/1/27 13:55時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

-ライフスタイル