美味しい生活-東京マイブーム-

好きなことを好きなだけ。プライスレスなTOKYOライフ。いつまでもキラキラしていたい女性に贈る"美・食・旅"の情報サイト

ライフスタイル

2017年はチャリティーしてみませんか?盲導犬支援ができるカレンダーが可愛い!

2016/12/21

盲導犬を見かけたことがある人は多いかもしれません。

目の不自由な人が、行きたいところに安全に行けるように、盲導犬は働いています。

 

盲導犬のお仕事って?

盲導犬の主なお仕事は、目の不自由な人が安心して歩けるように、段差や角を教えたり、障害物を避けたり様々なお手伝いをしています。

また、法律でも定められているのですが、一緒に電車やバスなどに乗ったり、飲食店などの店舗にも入ることができます。

盲導犬2頭

 

ハーネスってなあに?

盲導犬は白い胴輪を身につけて、お仕事をしています。

ハーネスと呼ばれていて、盲導犬の動きをハーネスを通して、盲導犬ユーザーに伝わるようになっているのです。

これによって、安心して歩行ができます。

たとえば、上に動いて止まるとのぼりの段差あるとか、左に動いて止まると左側に角があるなど、盲導犬ユーザーが安全に歩けるよう情報を伝えています。

ハーネスには小さなバッグがついていて、盲導犬の免許証である「盲導犬使用者証」と「身体障害者補助犬健康手帳」が入っています。

 

盲導犬は善意の寄付で育成されています。

街で、盲導犬の募金活動を見かけた人もいるかもしれません。

盲導犬の育成は、国の補助はほとんどないため、寄付金で成り立っているのが現状です。

1頭育てるのに数百万円かかると言われているので、一般の方々の支援によるものが大きいのです。

盲導犬の働ける期間は、約8~10年間と言われています。

盲導犬ユーザーが仮に45歳から85歳までの40年間、盲導犬と一緒に過ごすとすると、8頭の盲導犬が必要になるのです。

 

チャリティーグッズで盲導犬を応援しよう!

盲導犬の支援は寄付という方法もありますが、チャリティーグッズがあるのをご存知でしょうか?

日用品や衣類、食品名などいろいろなグッズがあり、売り上げの一部が盲導犬の育成に役立てられています。

盲導犬カレンダー

 

盲導犬のチャリティーカレンダーが可愛いすぎる♪

私はライフワークとして盲導犬の支援をしていますが、毎年カレンダーを購入しています。

何種類かありますが、一番のお気に入りは、点字つきのキュートなデザインの卓上タイプです。

点字がついていたり、モコモコと立体的な部分もあり、目の不自由な人も使える工夫がされています。

盲導犬カレンダーゴールデン

ワンちゃんの可愛いカレンダーは、たくさん販売されていますよね。

ですが、盲導犬カレンダーは、盲導犬についてわかりやすく学べる工夫をしていてます。

例えば、盲導犬の犬種であるラブラドールレトリバーやゴールデンリトリーバーの写真入りで、盲導犬について吹き出し入りで説明しています。

 

また、「点字ブロックの日」や「国際盲導犬の日」などの福祉や動物関連の日もカレンダーに記載されていてます。

日常生活で必需品のカレンダーを使うことで、ぜひ盲導犬の支援をしてみませんか?

毎年、大人気のカレンダーなので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

-ライフスタイル