イタリアン 京都・大阪・神戸

こだわりの野菜が魅力!洗練されたイタリアンobase@京都

京都で久しぶりに新規開拓でObase(オバセ)さんに行きました。

町家風の一軒家で素敵なイタリアンで、センスあるお洒落なインテリアです。

1階はカウンター席で2階はテーブル席です。

 

京都オバセ

 

Obaseのランチコースを楽しみました!

お料理は昼夜ともコースのみです。

ランチのコースは1種類です。

 

ワインはグラスで色々いただくことにしました。

まずはシャンパーニュ。

京都オバセ

 

一皿目は、とうもろこしのスープ。

京都オバセ

ヤングコーンと海苔のフリットと帆立のソテーが添えられています。

京都オバセ

 

 

続いて白ワインはニュージーランドのもので日本人の方が作っているそうです。

ソーヴィニヨンブラン。

京都オバセ

 

2皿目はカツオの炙り。

海ぶどう、めかぶ、みょうが、小夏と一緒に。

京都オバセ

 

白をもう1杯。

カリフォルニアのシャルドネで、こちらも日本人の方がプロデュースしているそうです。

京都オバセ

 

パスタは鮎。

オイルベースでキュウリと自家製のガリが効いています。

これは美味しい!絶品でした。

京都オバセ

 

赤はブルゴーニュのピノ。

これは鮎にもメインの鶏にもよく合いました。

京都オバセ

 

お肉は、霧島鶏とラタトゥイユ、オリーブのソース。

鶏さんは柔らかくてジューシー、お上品な味わいです。

京都オバセ

 

お口直しのすもものソルベ。

器が可愛らしいです。

京都オバセ

 

桃とバニラアイスと白玉。

バジルがアクセントで爽やかです。

器も涼しげですね。

京都オバセ

 

食後のお茶は、ホット以外にアイスコーヒーもあります。

とても暑い日で冷たいものが飲みたかったので嬉しいです。

京都オバセ

 

新鮮なお野菜と旬の食材を使ったお料理は、イタリアンの枠にとらわれずオリジナリティに溢れています。

特に鮎のパスタが素晴らしかったですが、どのお料理も美味しくいただきました♪

 

京都オバセ

 

最後にシェフとお話させて頂きましたが、まだお若くてとても感じが良いです。

イル・ギオットーネにいらしたそうで、京野菜にこだわってらっしゃるのも納得です。

お洒落なエプロンをされていたので聞いたところ、オリジナルで作ったのだそうです。

お料理だけでなくファッションセンスも抜群ですね♪

 

スタッフの皆さんの接客も笑顔を絶やさず、居心地が良かったです。

また、ぜひ再訪したいレストランです。

 

シェフ自らまわられたという、京都七福神の御朱印の色紙が飾られてました。

頑張れば一日でまわれるそうなので、私も挑戦しようかな!

京都オバセ

 

■ Obase(オバセ)

住所:京都府 京都市中京区河原町三条上ル恵比須町534-39

電話:075-211-6918

営業時間:ランチ 12:00-13:30(L.O.) ディナー 18:00-21:30(L.O.)

定休日: 毎週水曜日 不定休月2回

アクセス:

【電車】地下鉄京都市役所前駅から徒歩約4分 京阪三条駅から徒歩約5分 阪急河原町駅から徒歩約14分

【バス】河原町三条から徒歩1分

 

スポンサーリンク

-イタリアン, 京都・大阪・神戸