美味しい生活-東京マイブーム-

好きなことを好きなだけ。プライスレスなTOKYOライフ。いつまでもキラキラしていたい女性に贈る"美・食・旅"の情報サイト

京都・大阪・神戸

京都のカウンター和食!季節の美味しいお料理が楽しめる【佳肴岡もと】

2017/01/23

京都の美味しい和食でお勧めしたいのが、「佳肴岡もと」です。

ご主人は、京都で屈指の予約困難の和食「上賀茂お料理秋山」のご出身で、2013年12月に独立してお店をオープンしました。

佳肴岡本カウンター

京都ならではの美味しい食材を使った繊細で丁寧なお料理はそのままに、さらにオリジナリティを出したコース料理が楽しめます。

オープンしてすぐにミシュランで一つ星を獲得したのも頷ける実力派です。

こじんまりとしした8席だけのカウンター割烹です。

岡本さん

 

「佳肴岡もと」は美味しい&京都駅から便利な立地!

お料理が美味しいのはもちろんですが、馬町交差点近くにあり京都駅からタクシーで1000円以内、祇園へもワンメーターくらいの距離でとても便利な場所にあります。

近くには三十三間堂やハイアットリージェンシー、ニューオープンで話題のリッツ・カールトンもすぐそばです。

京都駅からバスだと15分くらいで、馬町バス停からすぐです。

佳肴岡もと外観

 

霜月のコース料理をご紹介します

お料理は11,000円の1コースで、ランチはやっておらず夜のみの営業です。

まず、一品目の大黒しめじのすり流しは、濃厚な味わいで体が温まります。

上にはウニが乗っています。

大黒しめじのすリ流し

大黒しめじは丹波産で調理前のものを見せていただきましたが、立派です。

丹波産大黒しめじ

津居山蟹、自家製のいくら、銀杏、春菊、平茸の和え物。

器との彩りも美しいです。

津居山蟹と春菊の和え物

お椀は、明石の紅葉の酒蒸しと蕪の潮汁。

じんわり体に優しい味わいです。

潮汁

続いて、お造りは、明石のはまちと五島列島の剣先イカ。

はまちはしばらく置いて熟成しています。イカはとっても柔らかいです。

左手前は、土佐醤油に大根おろしとわさびを溶いたものなのですが、これがとても美味しくてはまちにとても合いました。

岡本さんのアイデアとのことですが、こういうところにセンスを感じます。

岡もとさんのお造り

せこ蟹と五穀米を蒸したもの。蟹は津居山です。

五穀米と会えるのも岡本さんのアイデアです。

五穀米のプチっとした食感が内子と外子あいまって美味しさを増しています。

せこ蟹と五穀米

原木椎茸とあん肝、セリ、あわび茸のあんかけ。

この日は寒かったので、ほっこり癒される味です。

原木椎茸とあん肝のあんかけ

原木椎茸を見せていただきました。

椎茸といっても、ものすごく大きくてビックリ!

原木椎茸

うずらに炒ったヘシコが乗っています。

包丁だと当たる面積が大きくて、小さなウズラを切るのは糸が最適なんだそうです。

カウンターから調理風景を見ながら食事がができると、こういうお話も聞けて楽しいですね。

うずらとヘシコ

イワシに鰹節をまぶしたもの。アテになります。

鰹をまでしたイワシ

きんきと衣笠茸と徳島の吉野川の糸海苔。

衣笠茸は食感が面白く、お出汁がよく染みていて美味しいです。

きんきと衣笠茸

煮椀は大根にカラスミをすりおろしています。

カラスミ大根

ここからは、いつもの定番お料理です。

まずは、鯖寿司。こちらの鯖寿司は本当に美味しいです!

大葉で巻いていますが、もうぐすぐきになります。

鯖寿司

宮城産フカヒレとシャボンという鳥のお出汁の温麺。

麺は米粉で打ったいます

温麺

ラフランスのデザート。

ラフランスのデザート

蒸し饅頭は、目の前で蒸した出来立てを出してくれます。

季節によって具はかわりますが、今夜は栗と胡麻。

蒸し饅頭

いつもながら、岡本さんと奥様の温かいおもてなしで楽しい夜になりました。

美味しい京料理が楽しめるアットホームな雰囲気が魅力のお店です。

 

■佳肴岡もと

住所:京都府京都市東山区常盤町470-4

電話:075-551-1055

営業時間:17:30~22:00(L.O)

定休日:月曜日・最終週日曜日

アクセス:京阪本線 清水五条駅 徒歩約15分、京都駅から市バス(202・206系統)馬町バス停から徒歩3分

スポンサーリンク

-京都・大阪・神戸