京都・大阪・神戸 和食

美味しい京都の和食!佳肴岡もとで春のお料理を楽しみました

2018/05/17

少しアップか遅くなりましたが、佳肴岡もとさんで春の京料理を楽しみました。

京都駅からも近くて便利です。

岡もと

 

佳肴岡もとは日本酒のラインナップが豊富!

ご主人の岡本さんは京都の大人気店、上賀茂秋山さんにいらっしゃいました。

2013年に独立、佳肴岡もとをオープンしてミシュランの一つ星を獲得されています。

何と言っても日本酒の品揃えが素晴らしいのが魅力です。

佳肴岡もと

 

常時30~40種類はラインナップがあるので、好みに合わせて出してくれます。

しかも、おちょこ一杯から飲めるので色々な種類が楽しめるのが良いです。

お酒が強くない人でも、お料理に合わせて少しずつ飲むこともできます。

佳肴岡もと

 

岡本さんの春のお料理を堪能しました!

お料理はお芋のすりながしからスタート。

すり流しは葉っぱを取ると現れるのですが、取り忘れました(笑)。

佳肴岡もと

 

桑名の蛤。

佳肴岡もと

 

お椀は、あいなめ。

いいお味です。

佳肴岡もと

 

近海まぐろ、上にはトラフグの白子がかかっています。

佳肴岡もと

 

定番の鰹節をまぶしたいわしの辛煮。これはお酒が進みます。

佳肴岡もと

 

明石のミル貝。

佳肴岡もと

 

お酒は好みを伝えて岡本さんに選んでいただきます。

数本候補を出してくるので、説明を聞きながら決めるのも楽しいです。

佳肴岡もと

佳肴岡もと

佳肴岡もと

 

7~8種類くらいいただきました。

これは春っぽいロゼ色のお酒で、ネーミングは日本酒とは思えないピンクレディ(笑)。

佳肴岡もと

 

箸休め的な一品。

ぜんまいとおあげさんのお浸し。

佳肴岡もと

 

春はやっぱいホタルイカ。

佳肴岡もと

 

アスパラをパートフィローで巻いてあげています。

下には明石の海苔。

佳肴岡もと

 

ちょっと珍しい日本酒です。

ソガペール・エ・フィス 「ヌメロシス」 ル・サケエロティック。

長野の小布施ワイナリーが作っています。

調べてみると、冬季にスタッフの技術向上を目的に、高級日本酒のみを生産しているそうです。

葡萄の剪定の合間の時期だけに造るので採算はかが得ていない自醸酒100%の日本酒造とのこと。

品種は長野の美山錦、純米・本醸造・吟醸のみ製造。

美山錦は自社栽培していて無農薬ビオロジック、生産量は40石で日本最小の蔵なります。

これは飲んでみたくなりますね。

1号酵母、4号酵母、6号酵母の全種類飲んでみました。

印象としては、1号は軽め、6号はしっかりめ。

全体的にはどれも飲みやすく、ワイナリーが作った日本酒とは思えないクオリティーに思いました。

機会があれば他の酵母もんでみたいです。

佳肴岡もと

 

春の定番、若竹煮。

塚原の朝採れ筍と鳴門のわかめ。

佳肴岡もと

 

米粉のにゅう麺。

気仙沼産フカヒレとシャポーンのコンソメのスープでいただきます。

佳肴岡もと

 

絶品、鯖寿司。

佳肴岡もと

 

デザート。

佳肴岡もと

 

デザートのお酒もいろいろ。

佳肴岡もと

 

桜色のにごりをいただきました。

佳肴岡もと

 

おまんじゅうはふかし立てで美味しい~

佳肴岡もと

 

今日も楽しい美味しい時間を過ごせました。

岡本さんとおかみさんの素敵な笑顔。

佳肴岡もと

 

■佳肴岡もと

住所:京都府京都市東山区常盤町470-4

電話:075-551-1055

営業時間:17:30~22:00(L.O)

定休日:月曜日・最終週日曜日

アクセス:京阪本線 清水五条駅 徒歩約15分、京都駅から市バス(202・206系統)馬町バス停から徒歩3分

 

スポンサーリンク

-京都・大阪・神戸, 和食