その他エリア 旅行

女川から金華山へ!女川駅前の施設情報&注意すべきこととは?

2017/08/01

金華山へ行くには、女川か鮎川から船で渡ります。

初めて行くなら、女川から、ガイド付きの船で渡ることをお勧めします。

東北の大震災前は、毎日何本か船が出ていたそうですが、今は週末に一日1本ほど。

ガイド付きでなくても、船のみの利用もありますが、時間はあらかじめきちんと調べていことが必要です。

⇒ 金華山の記事はこちら

 

女川は大震災で壊滅的な被害を受けましたが、徐々に復興が進んでいるようです。

新しくなった女川駅には温泉や足湯があります。

女川駅

 

荷物を預けるなら、駅前のCamassが便利!

荷物がある人は女川駅のすぐ横の、「女川フューチャーセンターCamass」に荷物の預かり所があります。

小さい荷物なら300円、トランクなど大き目のものは500円で預かってくれます。

女川フューチャー

コワーキングスペースがあるので、時間調整にも使えるので便利です。

無料でwifiも利用できます。

コワーキングスペース

インテリアもお洒落です。

時計

 

女川駅前の食事&ショッピング情報!

女川駅前には、商業施設「シーパルピア女川」と「地元市場ハマテラス」があり、お土産物を買えたりや食事ができます。

港町というより、モダンな雰囲気が特徴的なデザインの建物です。

シーパルピア女川

「地元市場ハマテラス」の中にある、岡清(おかせい)は今年のミシュランに掲載されています。

ミシュラン

新鮮な魚介がウリのお店で、この日は11時から鮪の解体ショーもやっていました。

おかせい

カフェもあるので、歩き疲れたら、ひと休みもできます。

Mother Port Coffeeは、お洒落カフェ。

Mother Port Coffee

アイスラテ、美味です。

アイスラテ

 

魚介のお食事処「ニューこのり」

ハマテラスの裏手にある。ニューこのりで軽く食べました。

魚介類のお食事処です。

ニューこのり

店内は、白木のインテリアで明るい雰囲気です。

テーブルと掘りごたつ式のお座敷があります。

ニューこのり店内

お酒とお刺身いろいろ。

お酒は墨廼江。

墨廼江

お刺身は、クジラ、帆立、ツブ貝。

お刺身

 

いざ、金華山へ!船が出る場所は確認要です

金華山行きの船の出る場所は、要注意です。

私はてっきり女川港から出ると思い、グーグルマップを見ながら歩いていました。

念のため、途中、工事のおじさんに確認してみると、「金華山の船はあっちだよ」とナント逆方向だったのです。

ヒェーっということで、急いで逆戻したのでした。

船の出る場所は、こちらの地図になりますので、初めて行く方はチェックしてくださいね。

地図

乗り場に向かうと、手前にプレハブっぽい建物があるので、こらで受付をしください。

お金を払って、パンフレットと乗車券を受け取ります。

船乗り場

船の中は、デッキ席もありますが、中は冷房がきいていて涼しいです。

席の前ポケットには、「震災の記録」という写真ファイルがあり、震災当時の写真や復興への道のりが撮影されています。

ガイドさんから震災当時の話を聞いて、その爪痕の大きさ、5年経った今でもなかなか復興が進んでいないことを痛感しました。

そして、こうして訪れることで、少しでも復興支援に貢献できればと改めて思いました。

金華山船

金華山までは、約40分弱です。

金華山黄金山神社の記事は、また後日アップします。

スポンサーリンク

-その他エリア, 旅行