パン・スイーツ 自由が丘&東横沿線

絶品のガレット・デ・ロワ !パリセヴェイユ@自由が丘

今日は地元ネタです。

スイーツ好きなら1月のガレット・デ・ロワ が待ち遠しい人も多いのではないでしょうか?

私も大好きで、今年は自由が丘のパティスリー・パリセヴェイユ(patisserie Paris S'eveille)で購入しました。

超人気店で当日はすぐ売り切れてしまうので、あらかじめ予約をして行きました。

パリセヴェイユ外観

 

ガレット・デ・ロワとは?

ガレット・デ・ロワの発祥はフランスです。

フランスでは新年になると、ケーキ屋さんやパン屋さんにガレット・デ・ロワが一斉に並びます。

みんなで集まって切り分けて、幸せを祈りながら食べるのです。

パリセヴェイユのガレット・デ・ロワには、こんな可愛らしい説明のカードがついています。

説明書

 

パイの中にはアーモンドクリームが詰まっていて、フェーヴという陶器の小さな人形が入っています。

フェーヴが当たった人は王冠をかぶって、その日1日、王様(女王様)になって祝福されるのか習わしです。

フランスの家庭では、お母さんが切り役で、子供たちはテーブルの下に潜って待つそうです。

 

パリセヴェイユのガレット・デ・ロワはめちゃ美味しい!

サイズはいろいろありますが、直径18cmの小さいさサイズをお願いしました。

値段は1800円(税込)です。

ガレットデロワ包み

 

王冠は紙製です。

王冠

 

包みを開けるとツヤツヤで見るからに美味しそうです♪

ガレットデロワ

 

食べる前からフワフワサクサク感が伝わってきます。

ガレットデロワ断面

 

さて、どんなフェーヴが入っているのかな?

ガレットデロワピース

 

出てきたフェーヴはハズレっぽくて可愛くない(笑)。

お人形さんじゃないってあり?!これってパイ生地を伸ばす調理器具だよね~

なんかガッカリ…。

フェーブ

 

お店のディスプレイは、可愛いフェーヴばかりだったので期待していたんだけとな。

ま、こういう年もありますね。

来年に期待しよっと!

ガレットデロワ店内

 

 

■パティスリー・パリセヴェイユ (patisserie Paris S'eveille)

住所:東京都目黒区自由が丘2-14-5 館山ビル 1F

電話:03-5731-3230

営業時間 :10:00~20:00

定休日:不定休

アクセス:東急東横線・大井町線 自由が丘駅北口より徒歩約5分

スポンサーリンク

-パン・スイーツ, 自由が丘&東横沿線