和食 東京グルメ

名店かねさかの愛弟子が握る!銀座で本格江戸前鮨なら【すし家】

2017/01/23

銀座にお鮨屋さんは数多くあれど、美味しいお鮨を楽しむなら、すし家がおすすめです。

「すし家」ってちょっと面白いネーミングですが、ミシュランでも星を獲得している銀座の名店「鮨かねさか」の姉妹店なんです。

すし家看板

「鮨かねさか」といえば、ミシュラン3つ星をキープし続ける「鮨さいとう」のご主人もいらしたことでも有名です。

すし屋を仕切るご主人の石山さんは「鮨かねさか」と旧「赤坂さいとう」(現「鮨さいとう」)の両店で修行されたサラブレッド。

石山さんが握るお鮨は、ネタはもちろんのこと握りっぷりも最上級です。

場所は以前かねさかグループの「鮨いわ」のあった場所で、数寄屋通りの一本裏の渋い路地にあります。

老舗バーのしぇりーくらぶのビルですが入口は裏手にあるので、ちょっとわかりづらいかもしれません。

カウンター7席だけのこじんまりしたお店です。

裏路地

 

美味しすぎる!「すし家」のおまかせコースとは?

ランチで行きましたが、夜と同じおつまみからのおまかせコースでお願いしました。

小皿のおサルさんの絵柄が可愛いです♪

お猿さんの小皿

 

贅沢すぎる!おつまみメニュー

まずは、おつまみからいただきます。

新物のいくらは、キラキラ宝石のようです。

いくら

金沢の白海老と鯛の酒盗。

鰹の酒盗はパンチがありますが、鯛の酒盗はお上品な味わいです。

金沢の白海老と鯛の酒盗

続いて、ものすごく肉厚なめじまぐろ。

めじまぐろって美味しいものは別物なんだなと改めて思いました。

img_6384

今が旬の焼き白子。ピリっと薬味が効いてます。

焼き白子

北海道羅臼の毛ガニは、身が締まっていて濃厚な味わい。

見た目はケーキみたいで可愛いけれど、盛り盛りでゴージャスすぎます。

毛ガニ

こちらは夜の部の仕込み分です。

毛ガニ仕込み中

 

大好きなカラスミ餅。

カラスミは自家製で塩もきつくなく優しい味わいです。

カラスミ

鯖寿司。

これまた肉厚で脂がのってます。

鯖寿司

冬の風物詩といえばのどぐろ。

白身のトロと言われるだけあって脂のノリも素晴らしいです。

メネギが良いアクセントになっています。

のどぐろ

 

魅惑の握りタイム!

まずは鹿児島のスミイカ、淡路の鯛、三重のカンパチ、コハダ。

スミイカ

鮪は鹿児島。鯵はどこだったかな?

鮪

三河湾のミルガイ、北海道のウニ、穴子に玉子。

玉子はプリンのような滑らかでフワフワした食感でデザート感覚です。

ミルガイ

ボタン海老は北海道。大きいですね!身もプリプリです。

〆はかんぴょう巻き。

ボタン海老

美味しいお鮨は幸せになりますね。

ご主人の石山さんは長身で一見コワモテ風ですが、温厚で柔和なお人柄です。

握るお鮨も自家製のカラスミも、お人柄が出ていて優しさが感じられます。

 

■すし家

住所:東京都中央区銀座6-3-17 悠玄ビル 1F

電話: 03-3571-7900

営業時間:12:00~14:00までに入店 17:00~22:00までに入店

定休日:月曜日

アクセス:メトロ銀座駅C2出口より徒歩約5分、JR有楽町駅より徒歩約10分。

 

スポンサーリンク

-和食, 東京グルメ