芸能・エンタメ

【最新】24時間テレビ2019の司会は嵐!マラソンとドラマは?

2019年の日本テレビ「24時間テレビ」のメインパーソナリティーは嵐になりましたね。

「24時間テレビ」は1978年にスタートしたチャリティー番組で、司会は3月16日放送の「嵐にしやがれ」(土曜21時)で正式に発表されました。

嵐が司会を担当するのは、2013年以来6年ぶりで最多の5回目です。(前4回は2004年、2008年、2012年、2013年)

気になる放送日は、8月24日(土)、25日(日)です。

新元号になって最初の「24時間テレビ」がどんな内容になるのか楽しみですね!

 

2019年「24時間テレビ」のテーマは?

42回目を迎える2019年「24時間テレビ」のテーマは、「人と人~ともに新たな時代へ~」に決まりました。

テーマは、書家の紫舟さんが担当しています。

「人」の文字が、何とも言えず味わい深くて素敵ですね。

 

24時間テレビ 2019司会嵐マラソンドラマ

引用元:https://www.sponichi.co.jp/

 

 

2019年「24時間テレビ」の会場が変わるってホント?

「24時間テレビ」といえば、日本武道館のイメージですよね。

ですが今回の会場は、おなじみの日本武道館ではなく両国国技館に移ります。

日本武道館は東京オリンピックの改修工事中という事情で、初めて両国国技館で実施することになったそうです。

実は意外にも過去に4回、日本武道館以外の場所で開催していました。

1978年/東京郵便貯金会館(現:東京メルパルクホール)、1979年/日本青年館、1991年/東京都庁舎、2009年/東京ビッグサイトの4ヶ所です。

 

 

昨年のメインパーソナリティーは「Sexy Zone」でした。

2018年は、番組初のトライアスロン企画として、お笑いコンビ「ANZEN漫才」のみやぞんさん(33)が、水泳・自転車・長距離走100キロの3種目に挑戦して見事に完走しました。

嵐が司会をするとなれば大注目ですが、実は現在、50公演という大規模のコンサートツアー中です。

24時間テレビのすぐ後には大阪でコンサートが控えているそうで、かなりハードスケジュールですね。

 

スポンサーリンク

 

 

「24時間テレビ」歴代のマラソンランナーは?

今年はマラソンが復活するのか、去年のみやぞんさんパターンでトライアスロンになるのかは、まだ発表されていません。

気になったので、歴代の走者を調べてみました。

個人的には間寛平さんが印象深いですが、なんと3回も走っていたんですね。

こうして改めてみて確認してみると、その時の旬のタレントさんを起用しているパターンが多いですね。

一発屋的な方もいたりして、懐かしいです(笑)。

 

「24時間テレビ」歴代マラソン走者一覧

1992年  153km  間寛平(42)
1993年  200km  間寛平(43)
1994年  100km  ダチョウ倶楽部(31~33)
1995年  600km  間寛平(46)
1996年  100km  赤井英和(37)
1997年  100km  TOKIO・山口達也(25)
1998年  100km  V6・森田剛(19)
1999年  110km  にしきのあきら(50)
2000年  150km  トミーズ雅(40)
2001年   85km  研ナオコ(48)
2002年  100km  西村知美(31)
2003年  110km  山田花子(28)
2004年  100km  杉田かおる(39)
2005年  100km  丸山和也(59)
2006年  100km  アンガールズ(30)
2007年   70km  萩本欽一(66)
2008年  113km  エド・はるみ(31)
2009年  126.585km  イモトアヤコ(23)
2010年   85km  はるな愛(38)
2011年  距離不明  徳光和夫(70)
2012年  120km  佐々木健介(46~9)・北斗晶一家
2013年    88km  森三中・大島美幸(33)
2014年  101km  TOKIO・城島茂(43)
2015年  100km  DAIGO(37)
2016年  100.5km 林家たい平(51)
2017年    90km  ブルゾンちえみ(27)
2018年  130km みやぞん(33) ※トライアスロン

 

続いて、歴代のドラマも調べてみました!

 

スポンサーリンク

 

 

「24時間テレビ」歴代ドラマを調査!

24時間テレビというと、スペシャルドラマを楽しみにしている人も多いのではないでしょうか?

実はスペシャルドラマははじめは放送されておらず、1980年の第三回から始まりました。

記念すべき第一回の作品は、森繁久彌さんと北林谷栄さんが演じた「機の音」です。

以前は障害や重い病気との戦いを描いた作品が多かったですが、ここ数年は阿久悠さんや石ノ森章太郎などの昭和の偉人にスポットを当てた内容に変わってきているようです。

今年は一体どんな内容になるのか、今から気になりますね!

 

「24時間テレビ」歴代ドラマ一覧

第3回(1980年)「機の音」主演/森繁久彌・北林谷栄 脚本/倉本聰
第4回(1981年)「いのち・ひとつ」主演/大原麗子 原作/新藤兼人
第5回(1982年)「スリーマンにアタック!」主演/若尾文子 原作/武田和子
第6回(1983年)「黒い雨・姪の結婚」主演/森繁久彌 脚本/高橋玄洋 原作/井伏鱒二
第7回(1984年)「さよならは涙を拭いてから」主演/古手川祐子 脚本/寺内小春 –
第8回(1985年)「いつかある日」主演/大坂志郎 脚本/橋田壽賀子
第9回(1986年)「縁談・結婚・そのさきX」主演/沢口靖子 脚本/小山内美江子
第10回(1987年)「車椅子の花嫁」主演/国生さゆり 脚本/重森孝子 原作/鈴木ひとみ
「長らえしとき」主演/・松坂慶子 脚本/佐々木守 原作/早瀬圭一
第11回(1988年)「二十歳・もっと生きたい」主演/沢口靖子 脚本/井沢満・水島総 原作/福嶋あき江
第12回(1989年)「叫んでも……聞こえない!」主演/斉藤由貴 脚本/佐々木守 原作/小野卓司
第13回(1990年)「いつか見た青い空! 盲導犬ハッピー号の大冒険」主演/南野陽子・和久井映見 脚本/今野勉
第14回(1991年)「夜が明けるまでに 恵子の選択」主演/岸本加世子 脚本/菊池有起
第20回(1997年)「勇気ということ」主演/堂本光一 脚本/松原敏春~26.3 %
第21回(1998年)「心の扉」主演/滝沢秀明 脚本/石塚喜之~18.6%
第24回(2001年)「最後の夏休み」主演/安倍なつみ  脚本/水橋文美江~24.7%
第25回(2002年)「父さんの夏祭り」主演/石川梨華・渡辺謙  脚本/水橋文美江 原作/森脇佐和子~19.9%
第26回(2003年)「ふたり 私たちが選んだ道」主演/長瀬智也  脚本/水橋文美江 原作/鎌形睦美~23.3%
第27回(2004年)「父の海、僕の空」主演/滝沢秀明 脚本/寺田敏雄~14.0%
第28回(2005年)「小さな運転士 最後の夢」主演/阿部寛  脚本/寺田敏雄~26.6%
第29回(2006年)「ユウキ」主演/亀梨和也 脚本/水橋文美江・山岡真介 原作/岸川悦子~22.7%
第30回(2007年)「君がくれた夏 がんばれば、幸せになれるよ」主演/滝沢秀明 脚本/吉田智子 原作/山崎敏子~23.3%
第31回(2008年)「みゅうの足パパにあげる」主演/松本潤 脚本/山岡真介 原作/山口隼人~25.6%
第32回(2009年)「にぃにのことを忘れないで」主演/錦戸亮 脚本/遊川和彦 原作/川上ますみ~20.5%
第33回(2010年)「みぽりんのえくぼ」主演/広末涼子・長瀬智也 脚本/吉本昌弘 原作/岡田典子~19.9%
第34回(2011年)「生きてるだけでなんくるないさ」主演/村上信五 脚本/篠崎絵里子 原作/玉元栄作~22.2%
第35回(2012年)「車イスで僕は空を飛ぶ」主演/二宮和也 脚本/寺田敏雄 原作/長谷川泰三~23.8%
第36回(2013年)「今日の日はさようなら」主演/大野智 脚本/橋部敦子 原作/幸和也~23.4%
第37回(2014年)「はなちゃんのみそ汁」主演/大倉忠義 脚本/西田征史 原作/安武信吾・千恵・はな~22.3%
第38回(2015年)「母さん、俺は大丈夫」主演/山田涼介 脚本/水橋文美江 原作/清水久美子~20.2%
第39回(2016年)「盲目のヨシノリ先生 光を失って心が見えた」主演/加藤シゲアキ 脚本/水橋文美江 原作/新井淑則 20.5%
第40回(2017年)「時代をつくった男 阿久悠物語」主演/亀梨和也 脚本/松田裕子~25.6%
第41回(2018年)「ヒーローを作った男 石ノ森章太郎物語(仮)」主演/中島健人 脚本/福原充則

 

 

「24時間テレビ」2019年のランナーとドラマの発表はいつ?

「24時間テレビ」は毎回、司会・ランナー・ドラマが注目の的です。

司会は2020年の休止宣言で大きな話題となった嵐ですが、ランナーが誰なのか?とドラマはどんな内容なのか?誰が演じるのか?正式発表が待ち遠しいですね!

ちなみに、2018年ランナーのみやぞんさんは、2018年6月3日の「世界の果てまでイッテQ!」で発表されています。

また、ドラマ「ヒーローを作った男/石ノ森章太郎物語」)の発表は、2018年7月9日でした。

今年の発表があり次第、記事を更新していこうと思います。

 

 

スポンサーリンク

-芸能・エンタメ