美味しい生活-東京マイブーム-

好きなことを好きなだけ。プライスレスなTOKYOライフ。いつまでもキラキラしていたい女性に贈る"美・食・旅"の情報サイト

和食 東京グルメ

くろぎで夏の鱧と鮎を楽しみました@大門

2017/07/28

文月のくろぎさん。

食材はすっかり夏です。

移転から4ヶ月たち、だいぶ落ち着いてペースもつかめてきたようです。

 

まずは杯でお酒をいただきます。今夜は黒龍の龍でした。

定番の焼き胡麻豆腐は、移転して石焼風に進化しましたが、私はこちらのが好みです。

焼き胡麻豆腐

 

「今日は初めから飛ばしますよ!」と黒木さん。

まずは、シャトーブリアンが登場です。

夏野菜ととろろの下に、シャトーブリアンが隠れていました。

これは確かに飛ばしてますね(笑)。

シャトーブリアン

 

お椀は、揚げ鱧とじゅんさい。

蓋の上に乗っているのは梶の葉だそうで、昔、七夕に葉っぱの裏に願いごとを墨で書く風習があったそうです。

梶の葉は、裏に細かい毛がたくさんあるので、文字が書きやすいのだそうです。

梶の葉

 

万願寺の揚げびたしと無花果に黄身酢。

無花果と万願寺

 

八寸。

夏らしい見事な盛り付けですね。

船の器や花火の漆器は、すべてオーダーメイドだそうです。

移転して、ますます勢いに乗っている感じで、食材や器もますますパワーアップしています。

八寸

 

枝豆・キス・豚ハム・スッポンの煮こごり、冬瓜と蟹、トマト、ばちこ、鱧寿司は白焼きとたれ焼き、ほおずきに見立てた黄身はカラスミでまぶしてあります。

八寸2

 

食材のプレゼンテーションby黒木さん。

伊勢海老と鯛。

伊勢海老と鯛

 

お造り。

戸井の鮪と伊勢海老。

写真に写っていないですが、伊勢海老は海老味噌醤油でただきます。

これがまた美味しい!

おつくり

 

焼き鮎は食べ比べ。

手前は琵琶湖、奥は徳島の勝浦の鮎。

鮎

 

鱧のすき焼き。

玉子とウニを混ぜていただきます。

鱧すき焼き

 

満腹になってきましたが、ご飯もたくさん出てきます。

白いご飯は、先ほどのすき焼きの卵をかけます。

すき焼きのお出汁もあいまって美味です。

鯛茶、トウモロコシご飯、ハラスご飯と続きます。

ごはんいろいろ

 

左上から時計回りに、すき焼きの卵かけご飯、鯛茶、ハラスご飯、トウモロコシご飯。

なんと4種類の豪華バージョンです。

超満腹です~

ご飯いろいろ2

 

食後のデザートタイム。

葛切が久しぶりに復活しました!

移転後はしばらく、わらび餅でしたが、やはりくろぎさんの葛切は格別です。

猿田彦珈琲の水出しアイスコーヒーと一緒にいただきます。

そして、最近すっかり定番になっている、塩アイス&シャトーデュケム95。

葛切

今夜も素晴らしいお料理を堪能させていただきました。

お土産のご飯とねりきり。

お土産

移転して、どんどん進化していく黒木さん。

次回も楽しみです♪

➡今までの訪問記事はこちら

 

■くろぎ(3月に湯島から大門に移転しました)

住所:東京都港区芝大門1-7-10

電話: 03-6452-9039  ※ランチのみの予約番号です。

営業時間:昼12:00~14:30 夜17:00~22:00(L.O)

定休日:日曜日・祝日・年末年始・お盆

スポンサーリンク

-和食, 東京グルメ