東京グルメ 和食

春の食材を楽しみました!和食くろぎ@大門

2018/05/02

くろぎさんで春の食材をふんだんに使ったお料理を堪能しました。

春の食材は生命力を感じると言うか、エネルギーを感じます。

大門くろぎ

 

迫力のくろぎさんの食材をご紹介します

くろぎさんの食材のプレゼンテーションは毎回迫力がありますが、最近ますます派手になった気がします(笑)。

 

塩釜産の延縄まぐろ。

大門くろぎ

 

九十九里のハマグリ。

大門くろぎ

 

花山椒。

大門くろぎ

 

京都牛。

大門くろぎ

 

山菜いろいろ。

大門くろぎ

 

村さんのスズキ。

大門くろぎ

 

今夜のくろぎさんのメニューは?

まずはお酒が杯でふるまわれます。

最近はずっと黒龍ですね。

大門くろぎ

 

今年に入ってから、お箸が選べるようになりました。

立派な桐の箱に9種類の素材のお箸が入って出てきます。

桜とか花梨とか好きなものを選んで、食事後はお持ち帰りが出来ます。

いろいろアイデアを繰り出してきますね(笑)。

大門くろぎ

 

うすい豆。

大門くろぎ

 

蛤。

大門くろぎ

 

ホタルイカ。春ですね!

日本酒とともにいただきます。

大門くろぎ

 

次はシャンパン。

これは黒木さんがイチオシというJESTIN2007。

大門くろぎ

 

お椀は蛤と桜鯛のしんじょう。

大門くろぎ

 

半田そうめんと鶏卵。

上にはウニてんこ盛り。

大門くろぎ

 

贅沢にキャビアがついています。

ウニが苦手なので、抜いてもらいました。

大門くろぎ

 

このキャビア、くろぎさんが作っているんですって。

ネーミングは「純」ということで、ご自身の名前からつけてるんですね。

大門くろぎ

 

八寸。

いつもながら華やかですね。

大門くろぎ

 

木箱の中には、カスゴのお寿司ととこぶし。

大門くろぎ

 

練りたての胡麻豆腐。

定番は焼き胡麻豆腐ですが、今日は珍しいです。

大門くろぎ

 

お造りは塩釜のまぐろ、鳴門の桜鯛、村さんのスズキ。

大門くろぎ

 

愛知のとりがい。

大門くろぎ

 

春はやっぱり食べたい山菜いろいろ。

コシアブラ、ぜんまい、たらのめ。

大門くろぎ

大門くろぎ

大門くろぎ

 

京都牛と花山椒。

おつゆの味がちょっと邪魔してる感じ。

私はいつものシンブルに焼いたほうが好みかな〜

大門くろぎ

 

ご飯はホタルイカ、白いご飯、桜えびの3種類。

大門くろぎ

大門くろぎ

 

ホタルイカご飯、絶品です。

大門くろぎ

 

白いご飯には明太子。

大門くろぎ

 

塩アイスとデュケム。

わらび餅と猿田彦珈琲の水出しコーヒーも撮り忘れちゃいました^^;

大門くろぎ

 

お誕生日をお祝いしていただきました♪

和菓子屋さんで作っている自家製ケーキです。

大門くろぎ

 

行くたびにどんどん進化しているくろぎさん。

食材は間違いなく東京一のものを使っていると思います。

贅沢な時間を過ごさせていただきました。

次回も楽しみです。

 

■くろぎ(2017年3月に湯島から大門に移転しました)

住所:東京都港区芝大門1-7-10

電話: 03-6452-9039  ※現在は夜の予約は受け付けていなので、ランチのみ予約可能です。

営業時間:昼12:00~14:30 夜17:00~22:00(L.O)

定休日:日曜日・祝日・年末年始・お盆

スポンサーリンク

-東京グルメ, 和食