美味しい生活-東京マイブーム-

好きなことを好きなだけ。プライスレスなTOKYOライフ。いつまでもキラキラしていたい女性に贈る"美・食・旅"の情報サイト

和食 東京グルメ

松茸も本番!湯島の名店くろぎで丹波の松茸三昧コースを堪能

2017/03/25

湯島にある人気の和食、くろぎさんで丹波の松茸を楽しみました。

くろぎさんは東京で今、一番予約が取りにくいと言われている和食屋さんです。

一軒家でとても風情がある雰囲気ですが、来年は芝大門に移転してビルになってしまうそうで、ちょっと寂しい気もしています。

※くろぎさんは2017年3月21日に大門に移転しました。移転の詳細はこちらをご覧ください。

 

先月お邪魔した際は、松茸はまだ出始めでしたが、今月はシーズンも本番でカウンターも松茸でいっぱいです。

やはり丹波産が王様ですね。

img_5173

桶に入っているのは、徳島産です。

その他にも広島産、長野産と各地の松茸が揃っています。

傘が松茸まだ開いていないものは「コロ」と呼ばれ、成長するにつれて傘の開き具合によって「つぼみ」、「中開き(なかつぼみ)」、「開き」と名称が変わっていくそうです。

徳島の松茸

 

くろぎの丹波の松茸コースはゴージャス!

一年を通して一番贅沢かつ豪華なお料理が次々と出てきます。

松茸の季節は楽しみでもあり、お会計もちょっと怖くもあります(笑)。

 

定番の焼き胡麻豆腐。

これはオープン当時から変わらず毎回出てくる大定番です。

焼き胡麻豆腐

お祝い事だったので、金箔の乗ったお赤飯。

金箔赤飯

くろぎさんではちょっと珍しい〆鯖のぬた。。

〆具合が絶妙です。

鯖

焼き松茸。

丹波産と徳島産の食べ比べ。

焼き松茸

松茸と鱧の土瓶蒸し。

お出しが実に美味しいです。

土瓶蒸し

ウニと雲子(しらこ)。

img_5183

松茸のフライと栗。

個人的には松茸はフライが一番好きです。
松茸のフライ

続いて、八寸。

八寸

バチコとこのわたの珍味コンビ。

さらにお酒が進みます。

珍味

お造りは大間の鮪、クエ、鯛。

お造り

焼き物はのどぐろ。

松茸以外も、旬の食材が目白押しです。

お腹はだんだんいっぱいになりますが、美味しいと食べれちゃいますね。

のどぐろ

松茸のしゃぶしゃぶ。

これは贅沢♪

松茸しゃぶしゃぶ

煮椀は茄子と穴子。

くろぎさんのお料理はいつもボリューム満点ですが、今日は特に盛りだくさんのお料理です。

なすとアナゴ

ご飯タイム、まずは新物のいくらとハラス。

いくらが宝石みたいにキラキラしています。

満腹なはずなのに、美味しくて2杯も食べてしまいました。

いくらご飯

続いて、松茸ご飯。

img_5211

〆は、目の前で作ってくれる葛切と猿田彦珈琲の水出しアイスコーヒー。

葛切

素晴らしい松茸料理の数々に感動しました。

贅沢なコースですが、本当に幸せになれます。

 

そして、お誕生日のメンバーがいたので、ケーキでお祝いしていただきました!

ありがとうございます♬

img_5220

 

■くろぎ

住所:東京都文京区湯島3-35-1

電話: 03-5846-3510

営業時間:昼11:30~ 12:30~ 夜17:00~22:00(L.O)

定休日:日曜日・祝日・年末年始・お盆

スポンサーリンク

-和食, 東京グルメ