ライフスタイル

【体験談】朝食を食べないダイエットって本当に痩せるの?

美味しいものやスイーツは食べたいけど、痩せたい!

これってダイエッターの永遠の悩みですよね。

 

朝食を食べないダイエット

 

痩せてる友人から、「いくら食べても太らないの」とか「太らない体質なんだよね」とか言われると、超ムカつくのは私だけではないはず(笑)。

ダイエット方法ってたくさんありますが、自分に合うか合わないかってありますよね。

「朝食を食べないダイエット」で痩せたという友人が何人かいたので、本当に痩せるのかやってみました。

その方法と挑戦した結果をレポートしたいと思います。

 

 

「朝食を食べないダイエット」とは?

一言でいうと「朝だけ断食する」というダイエット方法です。

昔は健康のために一日3食を推奨しいましたが、現代栄養学では「一日3食というのはそもそも食べ過ぎで、一日2食で十分」という理論の上に成り立っています。

よく「朝を食べないと、エネルギー源であるブドウ糖が不足して頭が回らない」って、聞きますよね。

実は、脳はブドウ糖だけをエネルギー源にしているわけではないんです。

もともと体内にブドウ糖をつくる仕組みがある上に、脂肪を燃焼させてつくるケトン体も脳のエネルギー源になるということがわかってきました。

なので、現代栄養学では、朝食でブドウ糖を無理にとる必要はないとされています。

 

 

 

「朝食を食べないダイエット」ルールと方法とは?

「朝食を食べないダイエット」には、ルールがあります。

朝食を食べないダイエット

食べない時間を16時間つくる!

(午前4時から翌日の正午まで)

 

一日の体のリズムは、以下の3つに分かれています。

  • 「排泄」午前4時から正午まで
  • 「消化・栄養補給」正午から午後8時まで
  • 「吸収・代謝」午後8から4時まで

午前中は、汗や尿など毒素や老廃物を外に排出する時間帯なので、そこで食事をとるのはNGです。

そのかわり、お昼で食事をとることでしっかり栄養補給ができるというわけです。

また午後8時以降は吸収の時間帯なので、遅くとも夜の食事は8時までに済ませることがポイントです。

朝食食べないダイエット

 

ただ、午後8時までに夕食を摂るのは難しい人もいると思います。

その場合は、翌日のお昼の時間をその分後ろ倒しにします。

例えば、飲み会で22時まで飲み食べてしまった場合は、翌日のお昼は14時以降にして消化する時間を確保すれば良いのです。

そう考えると、ちょっと気が楽なるダイエットですよね。

 

「朝食を食べないダイエット」のやりかた!

朝食食べないダイエット

  1. 前日の夕食はなるべく19時までに済ます!(寝る3時間前まで)
  2. 朝起きたら、まずコップ一杯の水を飲む!(ゆっくり、白湯でも可)
  3. 朝は水以外だと、果物やグリーンスムージーは飲んでもOKです!
  4. 午前中は500ml以上の水分をとる!(一日1.5〜2リットルが目安)
  5. 昼食は夕食から16時間以上あける!
  6. 昼食は食べ過ぎに気をつける!(腹八分目を心がける)
  7. 夕食まで間食しない!
  8. 夕食は基本的に好きなものを食べてOK!

 

スポンサーリンク

 

 

「朝食を食べないダイエット」を2ヶ月間やってみた結果?

 

朝食を食べないダイエット

 

とりあえず、2ヶ月くらいやってみたのですが、結果は1キロ弱マイナスという結果でした。

もう少し減るかなと思ってたのでちょっとガッカリですが、ちょっとでも減ったのでそれはそれで嬉しいです。

友人たちは3キロとか5キロとかもっと減っていたので、差は何なのか検証してみました。

まず考えられるのは、私のまわりで減ったと言っていたのが男性ばかりだったことです。

 

男性は炭水化物が好きな人が多く、朝からご飯をしっかり食べるので、その一食分が減るだけでもかなりカロリーがマイナスしますよね。

女性と比べると、これは大きな差かもしれないです。

そういえば最近、雑誌で読んだ「朝抜きダイエット」で成功した記事も40代の男性でした。

朝食を食べないダイエット

 

ちなみに「朝食を食べないダイエット」の理論では、「成人男性でも実は一日1600カロリーあれば十分、だから一日2食にすることでカロリー自体も減る」といわれています。

昼夜で1600カロリーって、意外にすぐ超えてしまいそうに思いませんか?

しかも女性の場合は、男性の1600カロリーより低いカロリーにしなくてはならないはずですよね^^;

パスタ一食でも1000カロリー位はすぐいっちゃいますし、一日2食しか食べなくても実際は1600カロリー以上カロリー摂取していたかもです。

いまさらですが、一日のカロリーを計算していなかったのも、結果的に体重が余り減らなかった要因かもしれません。

というわけで、反省点としては、実際には正しいやり方からズレているところもあった点ですね。

 

私がいままで挑戦したダイエットの中で効果を感じたのは、酵素ジュースで短期間集中してプチ断食する方法です。

体のむくみも取れてスッキリするし、何より体重が一気に減るのでダイエットのモチベーションも上がります♪

食べなきゃ体重が減るのは当たり前なのですが(笑)、胃が休まることで体が軽くなったり、お肌の調子も良くなります。

数ヶ月に一度プチ断食することで、体をリセットしてデトックスできるのもメリットです。

ダイエットフリークなので、プチ断食に欠かせない酵素ジュースもいろいろ試してきました。

 

朝食を食べないダイエット

 

酵素ジュースは、たくさんの種類があって高いのは一本1万円くらいするのものもあります。

高いものも試してみましたけど、プチ断食なら効果はほとんど変わらないと思います。

もちろん高いものは成分もその分良いものが含まれています。

そういった酵素ジュースは10日間〜数週間とった長期に渡って断食する場合にも、栄養素が十分取れるというものなんです。

 

なので、プチ断食ならお手頃の人気商品でお試ししみることをおすすめします。

あと美味しくないと続かないので、味も大切です。

飲んだ中では、ベルタ酵素はリーズナブルでおすすめです♪

 

⇒ 人気のベルタ酵素

 

スポンサーリンク

-ライフスタイル