ワイン・日本酒

【東京の酒蔵】江戸開城が美味しい!驚きの場所で日本酒造り

2019/02/24

先日、お邪魔した鮨つぼみで飲んだ東京の日本酒「江戸開城」がとても美味しかったのでご紹介します!

東京の酒蔵が作る日本酒って珍しいですよね。

 

東京酒蔵江戸開城場所

 

 

「江戸開城」が造られている酒蔵の場所はどこ?

江戸開城は東京港醸造が造るお酒です。

酒蔵の場所は、なんと東京の芝にあるというから驚きです。

まさに東京のど真ん中で日本酒造りをしているんですね。

酒蔵の前にはテイスティングか出来る店舗もあり、人気スポットになっています。

 

■東京港醸造

住所:東京都港区芝4-4-7-10

電話:03-3451-2626

 

江戸開城を作る「東京港醸造」ってどんな酒蔵なの?

東京港醸造は、1812年(文化9年)に創業の造り酒屋でした。

薩摩藩の上屋敷や蔵屋敷が近く、西郷隆盛や勝海舟も蔵の奥座敷に出入りしてたそうです。

1909年に日清日露戦争の影響で廃業しましたが、2011年に東京港醸造として復活をした酒蔵です。

人気のグルメ雑誌のdancyuにも特集されていて、今一番勢いのある酒蔵と言われています。

 

東京酒蔵江戸開城場所

 

「江戸開城」ブランドの日本酒を製造・販売している他、「六本木の酒」「麻布の酒」をはじめとして、どぶろくや自家培養乳酸菌を使ったバラカセイ、東京産のハチミツを使ったミード酒も造っています。

東京オリンピックを控えて、これから東京土産としてますます注目されそうですね!

 

東京酒蔵江戸開城場所

引用元:danchu

 

 

「江戸開城」22坪の酒蔵で造られる美酒!

東京港醸造は22坪、4階建ての小さなビルです。

4階は米を蒸すスペース、3階は仕込みタンクと分析室を兼ねた事務室、2階は仕込みタンクと絞り機のスペース、1階は貯蔵タンク。

米や麹は階段で移動、醪(もろみ)の移動は床に穴を開けてホースを通すといった工夫と努力を重ねて、日々日本酒造りをしています。

 

170㎡という限られたスペースの酒蔵のため全て純米、原酒です。

貯蔵タンクも限りがあるので、熟成させず新酒で流通しています。

酵母は9号系の自家培養で、水は東京の水道水です。

東京の水道水を利用しているのは意外な気もしますが、都会ならではのお酒です。

「味はどうなの?」と思うかもしれませんが、とても美味しかったです。

 

東京酒蔵江戸開城場所

 

鮨つぼみでは「江戸開城」の生酒をいただきましたが、フレッシュながら旨みもしっかり、しかもキレもあるお酒なので本当にお鮨とピッタリでした!

美味しくておかわりしてしまったほどです^^

 

スポンサーリンク

 

 

酒蔵の前に「江戸開城」が飲めるバーが開店!

平日の18時~21時には、東京港醸造の前にスタンドバーがオープンします。

江戸開城を90ml/350円で飲むことができ、タンクの違いを楽しむこともできます。

 

東京酒蔵江戸開城場所

引用元:danchu

 

運が良ければ、その日に搾ったお酒がオンメニューされていたりします。

都会の真ん中で、搾りたての新酒が飲めるなんて嬉しいですよね!

お料理メニューはありませんので、お酒と一緒に食事がしたい場合は、お料理の持ち込みは自由だそうです。

 

■東京港醸造 スタンドバー(角打ち)

営業日時:平日18:00-21:00

電話:03-3451-2626

 

「江戸開城」は酒蔵で買える!

ちなみに「江戸開城」は、で直売しています。

直売所は以前は酒蔵の1階にありましたが、現在は向かいの建物へと移転しました。

 

■東京港醸造 直売所(醸造所の向かいのビルの1階)

営業日:月〜土曜日

営業時間:月〜金11:00~19:00 土11:00~17:00

 

 

江戸開城は、ネットでも購入できます。

酒蔵や販売店に買いに行くのは難しいという人は、ぜひチェックしてみて下さいね。

江戸開城 純米吟醸 原酒 雄町 720ml

価格:2,160円
(2019/2/17 16:10時点)

江戸開城 どぶろく 290ml

価格:783円
(2019/2/17 16:11時点)

江戸開城 純米吟醸 原酒 パラカセイ 720ml

価格:2,160円
(2019/2/17 16:11時点)

 

「江戸開城」の関連記事

鮨つぼみの予約方法やメニューは?中目黒の鮨さいとう弟子の店

 

スポンサーリンク

-ワイン・日本酒