和食 東京グルメ

移転後のくろぎで初の松茸を楽しみました@大門

2017/10/15

9月末にお伺いしたのですが、アップが少し遅くなりました。

湯島から移転して半年が経ち、ペースが掴めてきたようで、だいぶ落ち着いた雰囲気になりました。

くろぎさん9月

 

上海の出店も控えて、スタッフもかなりの人数が大門で働いています。

厨房はギュウギュウな感じでした。

上海はベラッジオホテルに入るそうで、ますますご発展ですね!

 

移転して初めての松茸コースは?

松茸がカウンターに並んでいますが、1回転目のお客さんが半分食べてしまったので、ちょっと迫力に欠けますね(笑)。

松茸カウンター

 

ちなみに去年は、こんな感じでした。

今年は不作で値段も高くなっていると聞きますが、流石にくろぎさんはしっかり上物を入荷されていています。

 

今夜のお料理はこんな内容でした!

まずは、定番の焼き胡麻豆腐。

焼き胡麻豆腐と鮑

 

毎回バージョンアップしているようで、今夜は立派な蒸し鮑がゴロゴロ乗ってきました。

焼き胡麻豆腐と鮑アップ

 

続いて、焼き松茸。岩手産だそうです。

個人的にはフライが大好きなので、出なくて残念だわ〜

焼き松茸

 

鯖寿司とおかますのお寿司。

鯖とカマス寿司

 

日本酒はこちらのラインナップからいただきました。

日本酒

 

義侠はるか。

義侠はるか

 

半田うどんを雲丹とキャビアでいただきます。

これは贅沢ですね〜

キャビアは、宮崎産で日本初。黒木さんが監修しているそうです。

半田うどんとキャビア雲丹和え

 

松茸と鱧の土瓶蒸ならぬ、鍋蒸し?!要はすごい量なのです(笑)。

土瓶ではなく、タジン鍋のような器で出てきたのですが、迫力あります。

松茸と鱧

 

八寸。こちらもゴージャスです。

最近、来るたびごとに器が新しくなっています。

特注品も多く、どれも凝っています。

お料理はもちろんですが、器も手を抜かずおもてなししてくれるのが嬉しいですね。

八寸

八寸その2

 

お作りは三厩(みんまや)のマグロと鯛。

おつくり

三厩まぐろ

 

のどぐろ。

のどぐろ

 

鍋は鴨さん。お肉、超美味しそう~

鴨肉

鴨鍋

 

ご飯は松茸ごはん、ハラスご飯、栗ご飯の3種。

松茸ごはん

 

まずは、松茸ごはん。

松茸ごはん茶碗

 

私はハラスご飯が、一番好き♪

ハラスご飯

 

上から、いくらをたっぷりかけていただきます。

ハラスいくらご飯

 

〆は、定番の葛切り&猿田彦珈琲の水出しのアイスコーヒー。

葛切り

 

塩アイス。

塩アイス

 

こちらも定番のディケム。

ディケム

 

お土産は、ご飯3種類とお寿司の詰め合わせでした。

くろぎ土産

 

松茸シーズンはやっぱり、それなりのお値段がしますね。

次回は、カニのシーズンにお邪魔します。

くろぎカウンター

 

➡今までの訪問記事はこちら

 

■くろぎ(3月に湯島から大門に移転しました)

住所:東京都港区芝大門1-7-10

電話: 03-6452-9039  ※ランチのみの予約番号です。

営業時間:昼12:00~14:30 夜17:00~22:00(L.O)

定休日:日曜日・祝日・年末年始・お盆

 

スポンサーリンク

-和食, 東京グルメ