和食 東京グルメ

3月21日に移転決定!湯島のくろぎで新春のお料理を満喫

2017/04/01

湯島にある人気の和食くろぎさんは今年、芝の大門に移転しますが、ニューオープンは3月21日(火)に決まったそうです。

今のお店は風情ある大正時代の一軒家で、とても良い雰囲気なので移転はちょっと寂しいですが、移転先は新築のビルになります。

どんなお店になるのか、今から楽しみです。

移転まであと2ヵ月なので名残り惜しくもありますが、新春の料理を楽しんできました。

※くろぎさんは2017年3月21日に大門に移転しました。

➡移転についてはこちら

➡移転後、初訪問の記事はこちら

くろぎカウンター

 

くろぎ2017年、新春のお料理は?

まずは、定番の焼き胡麻豆腐。

今回はスタンダードタイプですが、来月あたり山菜の季節はふきのとうを練り込んだものになります。

焼き胡麻豆腐

白みそのお椀。

お正月らしくお餅が入っています。お椀の柄も、おめでたいですね。

wp-1485526775576.jpg

シーズン最後の兵庫の津居山の蟹。

最後に燗酒で甲羅酒を楽しみます。

津居山の蟹

八寸。

鴨、このこ、昆布、カラスミチーズ、恵方巻。

恵方巻は、お約束に従って食べてみました(笑)。

八寸

フグの白子は、焼きがやっぱり美味しい。

フグの白子

お造りは、島根の鮪、鯛、あん肝、自家製カラスミ。

鯛は2週間熟成しているそうです。

おつくり

数の子と春菊、水菜の和え物。

数の子

徳島県勝浦産、鰻の蕪蒸し。

鰻はいつもは焼きで出てきますが、今日は珍しく蕪蒸しでいただきました。

蕪蒸し

今夜のご飯は、鰤の炊き込みご飯。

そろそろ満腹ですが、炊き上がりを見ると、また食欲が出てくるから不思議です(笑)。

カウンターだと、こういうライブ感が良いですね。

黒木さんをはじめ、女将さんやスタッフの皆さんがサービス精神にあふれていて居心地バツグンなのも、くろぎさんの魅力でもあります。

鰤の炊き込みごはん

くろぎさんはお味噌汁もおしんこも、とっても美味です。

ご飯もお味噌汁もおかわりし放題、お腹はいっぱいですが、ついおかわりしてしまいます。

鰤ご飯とおしんこ

〆は、黒木さんの修行先でもある京味さんと同じ葛切。

水出し珈琲は、猿田彦珈琲のものです。

毎日、猿田彦珈琲のお店で淹れて運んでいるとか。

和食に合うようにサッパリとしたオリジナルブレンドです。

葛切

お酒も、いろいろいただきました。

お料理が美味しいと、つい進んじゃいますね。

緑山

 

お土産。

新年だからか、モリモリに入ってました♪

くろぎのお土産

湯島でのくろぎさんも、伺えるのはもう来月1回のみとなりました。

長く通っているので感慨深いですが、新店に期待しつつ、来月のお料理も堪能したいと思います。

 

■くろぎ

住所:東京都文京区湯島3-35-1

電話: 03-5846-3510

営業時間:昼11:30~ 12:30~ 夜17:00~22:00(L.O)

定休日:日曜日・祝日・年末年始・お盆

※3月21日(火)より大門に移転。

スポンサーリンク

-和食, 東京グルメ