雑貨・グッズ ライフスタイル

【カリモク60】新宿の店舗はオシャレ雑貨やフードも充実!

2019/07/20

カリモクは、シンプルでレトロモダンなデザインが人気のインテリアショップです。

江戸時代から続く老舗家具店で、普遍的そしてオリジナリティのあるデザインが魅力です。

私も好きで、このスツールを愛用しているのですが、どこか懐かしい雰囲気がするテイストと何より使いやすさが気に入っています。

 

カリモク60新宿店舗オシャレ雑貨フード

 

 

カリモク60って、どんなブランドなの?

カリモクのブランドのひとつ「カリモク60」は、1960年代から作り続けている家具を、60VISION(ロクマルヴィジョン)というプロジェクトとして2002年に立ち上げられたブランドです。

カリモク(刈谷木工)は1940年に創業した家具屋さんです。

愛知県刈谷市発祥の会社なので、地名をそのまま取って社名にしたんですね。

なるほど、刈谷木工を略して「カリモク」なんですね。

由来を知ると、なんだか親近感がわきますね!

 

カリモク60新宿店舗オシャレ雑貨フード

 

カリモクは、戦時中には軍需品を製作、戦後は、テレビの足やミシン台などの木工製品を作っていたそうです。

新宿店にたまたま寄ったのですが、家具以外のアイテムのセレクトが素敵だったので、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

 

カリモク60の店舗は雑貨やフードも充実!

カリモク60では、家具以外に洒落た食器やカトラリーが扱われています。

最近、購入したお気に入りはトーストプレートです。

TOJIKI TONYA(トウジキトンヤ)のお皿で、お洒落&優秀です。

TOJIKI TONYA(トウジキトンヤ)は、陶磁器製品の卸売を生業とする問屋業者の集合体で、陶磁器の優れた技術や製品を今に伝えていくためのプロジェクトとして2007年9月に設立されました。

色合いも味わいがあって、何とも言えず良い感じです。

 

カリモク60新宿店舗オシャレ雑貨フード

 

このプレートはデザインが美しいだけでなく、とても機能的です。

ヘリンボーンのデザインの部分がエンボスのように立体的になっているのが特徴です。

立体的なヘリンボーン柄のおかげで、お皿との間に少し空間ができるため、パンを直にお皿に置かなくて済みます!

そのため、焼き立てのトーストが風味を損なわず、カリカリふかふかのまま食べられるという訳です。

 

 

期間限定「ABCクッキー クラシックココア」が可愛い!

カリモク60には、こだわりのフードがおいていあります。

ABCクッキーは北陸製菓が1976年に発売したクッキーで、創業98年を記念して限定で可愛い瓶に入ったクラシックココア味で復刻しました。

見た目で思わず、ジャケ買いしてまいました(笑)。

 

カリモク60新宿店舗オシャレ雑貨フード

 

立体的なアルファベットの形で、ココアが贅沢に使われていて甘さは控えめ、大人の味わいでコーヒーによく合います。

ボトルも可愛くて、オリジナルのタグ付きでプレゼントにもピッタリです。

食べ終わっても、使えるデザインが嬉しいですね。

 

カリモク60新宿店舗オシャレ雑貨フード

 

スポンサーリンク

 

カリモク60で買える!手作りの美味しさ「ニッキ飴」

パッケージから美味しい雰囲気があふれる、ニッキ飴を見つけたので、こちらも購入しました。

味は3種類あり、マイルドな「やさしさ しびれる ニッキ飴」とニッキの刺激が強くなるにしたがって、ミディアム、ストロングとあります。

試食も出来たので、マイルドにしました。

昭和32年の創業の手作りにこだわる宮川製菓が作っていて、ニッキのしびれる刺激が程よくてクセになりそうです。

ニッキは樹皮を乾燥させて作るのですが、薬用にも使われていて、健胃や鎮痛作用、発汗、高血糖改善などの効果があるとされています。

 

カリモク60新宿店舗オシャレ雑貨フード

 

 

 

■カリモク60 新宿店

住所:東京都新宿区新宿4-2-23 新四curumuビル1F

電話:03-5919-2890

営業時間:11:00~20:00

アクセス:JR新宿駅 新南改札より徒歩約3分、東京メトロ副都心線・丸ノ内線・都営新宿線 新宿三丁目駅 E6出口より直結

スポンサーリンク

-雑貨・グッズ, ライフスタイル