和食 東京グルメ

鮎と鱧が出始めました!大門くろぎで美味しい和食を堪能しました

2017/07/28

3月に湯島から大門へ移転したくろぎさん。

移転後、3回目の訪問です。

大門の交差点からほど近く、スタイリッシュなビルです。

間口は狭いですが、奥に広い鰻の寝床のような感じです。

くろぎ外観

 

新緑の季節にふさわい爽やかなお料理の数々!

まずは、杯が出てきて、くろぎさんが注いでくれます。

右の写真は、じゅんさいと鮑、そしてイワナシです。

イワナシって、聞き慣れない食材ですが、つつじの実の一種だそうで、梨に食感が似ているのでイワナシというそうです。

盃とじゅんさい

温かい前菜はずいき。

生姜がきいています。

ずいき

鯛そうめんは、白と抹茶の2種類。

上には伊勢海老がのっています。

出汁がきいていて、おつゆが美味です。

器も可愛いですね。

鯛そうめん

お椀は、あおさのり。

具は、蓮根まんじゅうで中は伊勢海老、帆立と青柳も入っています。

お椀

湯島時代からの定番、焼き胡麻豆腐。

大門になってからは進化して、熱々の石盤に乗って出てきます。

表面を焼いて食べてると外はカリカリ、中は柔らかくて2倍楽しめます。

焼き胡麻豆腐

続いて、八寸。華やかですね。

兜の器の中は湯葉と泡麩です。

鴨生ハムのアスパラ巻き、鱧を山椒で炊いたもの、四万十川の手長海老のちまき、ばちこ、バイ貝、カステラ玉子、瓜と金山寺味噌。

八寸

鮪は青森県の尻労のもの。

これでシツカリと読むそうです。

鮪

お造りは、さきほどの尻労の鮪、丹後のトリ貝、鯛です。

おつくり

お酒もいろいろいただきました。

この他にも、澤屋まつもとも飲みました。

お酒いろいろ

 

初物の鮎と鱧を堪能しました!

鮎のシーズンもそろそろですね。

桶の中で泳いでいるのは、鴨川の稚鮎です。

稚鮎桶

まずは、焼きでいただきます。

稚鮎

食材を説明する黒木さん。

黒木さん

淡路の鱧は、梅じゃなく酢味噌で。

私はこっちの方が好みかも。

鱧おとし

 

今宵は天ぷら三昧!

珍しく、天ぷらがたくさん出てきました。

まずは山菜から。

こごみ、タラの芽、ウドの芽、こしあぶら。

天ぷら山菜

カラスミの天ぷら。

これは激ウマです!

カラスミ天ぷら

鱧は、ごま油でレアに揚げています。

鱧天ぷら

稚鮎は天ぷらでも登場です。

鮎の天ぷら

 

お楽しみのご飯タイム!

大門に移転してら、ご飯ま毎回何種類が出てきます。

まず一種類目は、白いご飯と玉シラスでいただきます。

シラスの卵とじですね。

お米は、おぼろづきという品種だそうです。

しらたまご飯

2種類目は、大好きなハラスご飯。

ハラスご飯

3種類目は、鯛茶。

鯛茶

わらび餅&ディケム。

大門に移ってからすっかり定番ですが、贅沢ですね。

わらび餅

お祝い事があったので、寿&金箔入りのケーキを頂きました。

小豆の入った和風スイーツです。

寿ケーキ

いつもながら楽しい夜を過ごせました。

ご馳走様でした。

➡今までの訪問記事はこちら

 

■くろぎ

住所:東京都港区芝大門1-7-10

電話: 03-6452-9039  ※ランチのみの予約番号です(夜はしばらく予約できないようです)。

営業時間:昼12:00~14:30 夜17:00~22:00(L.O)

定休日:日曜日・祝日・年末年始・お盆

http://www.kurogi.co.jp/

スポンサーリンク

-和食, 東京グルメ