京都・大阪・神戸

京都の美味しいお蕎麦!「にこら」はお酒も一品料理も充実

にこら看板

 

京都でお蕎麦って、ちょっと意外かもしれないですが「にこら」のお蕎麦は絶品です。

石臼でゆっくりと粗挽きにして作る手打十割蕎麦は、本当に美味しいです。

にこらでは、新蕎麦の実を農家から直接仕入れています。

また新蕎麦の状態を一年中維持できるように、摂氏七度・湿度60%に保った冷蔵庫で保管しています。

そして、その日に使う必要な量だけの蕎麦の実を製粉している、こだわりのお蕎麦屋さんです。

京町家の風情ある一軒家で、ゆったりお酒を飲みながらの本格派のお蕎麦は格別です。

にこら外観

 

場所は、市営バス201.203.59系統の今出川浄福寺バス停から5分くらいで、最寄り駅は地下鉄の烏丸今出川駅になります。

すぐ近くに、義経で有名な首途八幡宮があります。

 

にこらは一品料理も美味しい!

にこらの魅力は、お蕎麦だけじゃありません。

一品料理もとても美味しく、お酒の品揃えも豊富です。

ご主人はソムリエの資格も持たれているので、ワインリストも充実しています。

 

平日のお昼にお邪魔しましたが、オススメは旬菜セレクト(¥2,260税込)です。

その日のお料理3品の盛合せと野菜天または煮穴子の天ぷらのどちらかを選べるという、お得なセットです。

左から、蒸し鶏の明太子和え、真鯛とマッシュールムのカルパッチョと塩昆布レモン、牡蠣と自家製鴨生ハムの白和え。

どれもお酒によく合います。

にこら旬菜

 

お酒は、まずは芋焼酎田倉をいただきました。

田倉

 

続いて、日本酒は雁木。

一品料理から、牡蠣西京味噌漬(カレー風味)。これは美味!

雁木と牡蠣

 

あぶり鴨(京鴨)は九条ねぎのソースでいただきます。

これまたウマイです♪

京鴨あぶり

 

今が旬の京えび芋唐揚。ホクホクです。(写真はあとでアップします)

 

セットメニューの煮穴子の天ぷら。

お蕎麦のタイミングで出していただきました。

煮穴子の天ぷら

 

お蕎麦はざるそば。

香り良し味良しの素晴らしいお蕎麦です。

にこらの蕎麦

 

聞けば、開店してからもう15年も経つだそうです。

オープン数年後くらいからお邪魔しているので、私も年を取るはずですね(笑)。

久しぶりにお伺いしたのに、ちゃんと覚えていて下さって嬉しい限りです。

京都に来た際は、ぜひまた寄らせていだきますね!

 

■にこら

住所:京都市上京区智恵光院通五辻上ル五辻町69-3

電話:075-431-7567

定休日: 毎週水曜日、第1火曜日、第3火曜日

営業時間:

昼 11:30~14:00L.O 14:30閉店(最終入店13:45まで)
夜 17:30~20:30L.O 21:00閉店(最終入店20:00まで)

アクセス:地下鉄 烏丸今出川駅より、西向き市バス201.203.59系統「今出川浄福寺」下車、徒歩約5分

スポンサーリンク

-京都・大阪・神戸