旅行

島根のお土産と言えばこれで決まり!【來間屋生姜糖】がおすすめの理由

2016/12/29

先日、島根出身の友人から「來間屋(くるまや)生姜糖本舗」の生姜糖をもらったのですが、とっても美味しかったのでご紹介したいと思います。

島根は生姜の産地だそうで、生姜糖は名産品です。

特に有名な「來間屋生姜糖本舗」の創業は1715年で、なんと300年以上の歴史があります。

パッケージもずっと変わっていないので、伝統を感じるレトロなデザインです。

來間屋生姜糖

 

「來間屋生姜糖」は特別な生姜が原料だから美味しい!

原料は、島根名産の出西(しゅっせい)生姜が使われていて、風味がとても豊かな生姜糖です。

島根県簸川郡斐川町出西地区が産地で、その中でも、秋にに採れる「古根」と呼ばれる生姜のみを使っています。

ふだん口にしている生姜は繊維が多くので、煮ても繊維は完全に溶けずに残りますよね。

生姜の独特な香りが苦手という人もいますよね。

ですが、出西生姜は繊維がとても細かいので、繊維が残らず完全に溶けるので、飴を作るのに適しています。

さらに、ふつうの生姜にはない甘みと香りが特徴なので、独特の美味しさが楽しめるのです。

 

職人さんの手作り!繊細で上質な味わいが魅力

「來間屋生姜糖」は出西生姜と砂糖を炭火でじっくり煮詰めて、一つ一つ丁寧に職人さんが作っているので、熟練した手づくりの味が人気の秘密です。

砂糖菓子なのですが、甘さは控えめで上質な生姜の風味が豊かな味わいです。

今回、お土産でもらったのは、ひとつずつ紙に包んでありますが、お店のHPを見ると板チョコみたいになっていて、割りながら食べるタイプもあるようです。

お土産用だと、個別包装の方が良いですが、自分用なら気軽に食べられる板タイプの方が良いですね(笑)。

來間屋生姜糖

生姜味の他に抹茶味もあるようですが、生姜は入っていないそうです。

生姜味は、白色と紅色の詰め合わせもあります。

友人曰く、本店はとても風情がある建物だそうで、島根に行く機会があればぜひ寄りたいと思います。

來間屋生姜糖一口サイズ

 

「來間屋生姜糖」東京でも手に入ります!

とても美味しかったのでお取り寄せしようかなと思ったら、都内でも手に入ることがわかりました。

日本橋の「にほんばし島根館」、デパートだと伊勢丹(新宿・立川)、三越(日本橋・銀座・恵比寿)、高島屋(日本橋・新宿・玉川)で取り扱いがあります。

DEAN & DELUCAは、六本木店と八重洲店で取り扱いがありますが、他店(品川・渋谷・青山・吉祥寺)はいつも置いてあるわけではないので確認が必要です。

田園調布ガーデンサイトの遊中川にもあるそうです。

東横線族なので、田園調布にさっそく買いに行きたいと思います♪

 

■來間屋生姜糖本舗

住所:島根県出雲市平田町774

電話:085-62-2115

営業時間:9:00~19:00

定休日:不定休

スポンサーリンク

-旅行