京都・大阪・神戸

京都・祇園の知る人ぞ知る京フレンチ!Maekawa(マエカワ)で美味しいランチ

2017/01/23

祇園・白川の風情あるエリアの隠れ家的なレストラン。

知る人ぞ知るカウンターフレンチのMaekawa(マエカワ)でお昼をいただきました。

マエカワ店内

 

Maekawa(マエカワ)は今年で12周年!

前川シェフは、名店おくむらのご出身で、八坂の人気店よねむらの米村シェフとはの兄弟弟子でもあります。

優しく楽しいお人柄で、美味しいお料理と共に居心地の良い空間が魅力のお店です。

今年で12周年を迎えられるとのことで、おめでとうございます!

マエカワ12周年胡蝶蘭

以前は同じビルの1Fにありましたが、地下に移られて10年くらいにはなるかと思います。

ビルの前に看板が出ていないので、初めて行かれる際は通り過ぎないようにご注意くださいね。

エントランスには素敵なディスプレイ。

エントランスディスプレイ

 

味は本格派なのにリーズナブル!

ランチは3000円と5000円の2コースで、5000円のコースは前日までの予約になります。

前川さんのお料理は、京都のお野菜と厳選された食材のハーモニーが素晴らしいです。

素材を大切にされているので、それぞれの味わいを邪魔せず調和する、優しい味わいです。

カトラリーも素敵です。

マスカワのカトラリー

 

お値打ちのランチコースをご紹介します

アミューズは人参のムース。

前川シェフのお人柄そのままに優しいお味です。

人参のムース

 

せこ蟹と焼きナスの叩きのカクテル。

見目麗しく食べてしまうのがもったいないですね。

前川さんのお料理は、和の食材を巧みに取り入れてオリジナリティーあふれるフレンチ料理がお得意です。

せこ蟹と茄子のたたき

 

パンは東山のルバカサブルから入れています。

フランス人のご主人が作る美味しいパンが評判のブーランジェリーです。

ルバカサブルのパン

 

帆立と牡蠣のサラダ仕立て。

大原の新鮮な野菜と今が旬の食材は相性バツグンです。

帆立と牡蠣のサラダ

 

せこ蟹のスープとフラン。

蟹のエキスを存分に堪能できる一品です。

せこ蟹のフラン

 

いくらと五穀米のミニミニ丼。

いくらと五穀米のミニミニ丼

 

お肉は十勝牛です。

前川さんは尾崎牛をよく使われますが、その時々で一番美味しくいただける食材を仕入れてらっしゃいます。

十勝牛赤ワインソース

 

デザートは、紅玉のコンポートをパートフィローで包んでいます。

ラフランス、柿、シナモンアイスが可愛らしく盛り付けてあってクリスマスっぽいですね。

紅玉のデザート

 

コーヒーはボリビア。

今までこちらのコーヒー豆はずっとボリビアを使っていましたが、来年からは新しい豆にするそうで現在選定中とか。

次回どんなコーヒーがいただけるのか、楽しみが一つ増えました。

ボリビアーコーヒー

 

この内容で3000円とはお値打ちすぎますよね!

東京ではこのクオリティでこの値段はあり得ないですし、京都の祇園においては本当に良心的だと思います。

マエカワ入口

 

■Maekawa(マエカワ)

住所:京都市東山区祇園縄手新橋西側SPACEしんばしB1F

電話:075-525-2217

営業時間:ランチ12:00~14:30(L.O. 13:00)、デイナー18:00~22:30(L.O. 21:00)

定休日:不定休

アクセス:京阪線 三条駅、地下鉄東西線 三条京阪駅、京阪線 祇園四条駅より徒歩約5分

スポンサーリンク

-京都・大阪・神戸